×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

伊勢の中世 〜伊勢中世史研究会〜  本文へジャンプ
全国城郭研究者セミナー2008



2008 6 月吉日

 各 位

中世城郭研究会

城郭研究者セミナー 

三重大会実行委員会


「第 25 回全国城郭研究者セミナー」のご案内

 拝啓
 青田をわたる風もさわやかな季節となりました。皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、全国の城郭研究者が一堂に会し、全国を視野におさめた研究成果の交換と、研究者同士の交流を深めようという目的で始まった本セミナーも、今年で第 25回を迎えることとなりました。
 今年は三重県津市の三重大学にて大会を開催いたします。シンポジウムは、中世後期の方形城館をテーマとしました。報告は5名、紙上報告もお願いし、全国的な状況を概観した上で、それぞれの地域でどのようなあり方を示すのかを検討し、地域の中世史像に迫って行きたいと考えております。

 また、各地からの報告につきましても、それぞれ注目すべき研究をされている方々から発表していただくことになりました。これにより、地域と城館との関係がますます解明されることを願っています。
 皆様方お誘い合わせのうえご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。

敬具

 



開催要項

1.開催日程

2008 年8月2日(土)・3日(日)・4日(月)

2.会場

セミナー(2・3日): 三重大学医学部臨床第2講義室

交通:東京方面より、近鉄電車で江戸橋下車 徒歩15分。
  (大阪方面からでも同じです)
自家用車での来場はできません。公共交通機関をご利用下さい。

懇親会(2日 18:00): 三重大学 生協  

3.報告内容

「各地の事例・研究報告」82日(土)

@  不明城郭の調査における空中写真の有用性《報告者:伊藤徳也》10:0011:00

A  越後国奥山荘政所条遺跡群―江上館跡を中心にして―《報告者:水澤幸一》11:1012:10

B  北部九州の方形城館―筑前の事例を中心に―《報告者:岡寺良》 13:1014:10

「テーマ報告・討論」82日後半・3日(日)

主旨説明 14:3014:50

@  東国における館・その虚像と原像《報告者:松岡進》14:5016:00

A  西日本の平地居館と土塁・堀《報告者:山上雅弘》 16:0017:10

B  畿内近国における方形館と単郭山城《報告者:福島克彦》 3日 9:3010:40

C  伊勢国鈴鹿郡域における方形城館〜分布と連続性をめぐって〜《報告者:亀山隆》 10:5012:00

D  伊賀の中世城館と地域〜分布の再検討〜《報告者:笠井賢治》 13:1014:20

「シンポジウム」:14:4016:30

4.見学会

4日(月)には発掘調査中の小野城跡の見学会を行います。周囲には土塁・堀なども残存しています。見学は現地集合といたします。

5.宿泊

 誠に恐れ入りますが斡旋いたしておりませんので、別添の地図・リストなどをご参考に、ご自分でご用意下さい。
 リストのホテルを推奨しているわけではありません。

6.会費

  参加費     3,000 円(レジュメ代他)
  懇親会費    6,000 円程度
  昼食・弁当代  一食 1,000 円(お茶つき)

 申込み後の取消しはできません

 

7.お申し込み

 参加を申し込まれる方は、同封の返信ハガキで 7 14 日までにお申し込み下さい。なお、次回セミナーの発送名簿は、返送された返信ハガキをもとに作成いたしますので、欠席の方も返信ハガキは必ずお出し下さい。
 同行される方については、ご面倒をおかけしますが、同封のハガキをコピーされた上、お一人様1枚ずつお送りください。1枚のハガキに複数の参加者を書かれますと混乱いたしますので、ご容赦ください。

お申込み受け付け後、当方から内容の確認はいたしません。申込み内容をコピーなさることをお勧めいたします。

8.書籍販売について

 セミナーで書籍販売をご希望の方は、その旨を返信ハガキにお書き下さい。
 なお、書籍の発送は、保管の都合上、期日指定の宅急便でセミナー前日の 8 月 1日(金)午後15時まで)に到着するようお願いいたします。

 発送先:

514-0102 津市栗真町屋町
     三重大学医学部 臨床第1講義室
       全国城郭研究者セミナー実行委員会

9.問い合わせ先

竹田憲治(伊勢中世史研究会)
  〒515-2321 三重県松阪市嬉野中川町1524-121

  takeda@ztv.ne.jp
参照: 伊勢中世史研究会HP  

なお、過去の参加者で連絡が行かなかった方が周辺にいらっしゃいましたら、お声をかけていただけると幸いです。